<< 『学問』 新潮社刊     翻訳小説の愉しみ >>