<< 卵一個ぶんのお祝い。―東京日記     大橋歩のアルネ >>