<< 長い不在でした     Faber-Castell >>